Traveler価格改正のお知らせ

2014年3月31日 § Leave a comment

Traveler_Tamagawa.jpg.scaled1000

もはや食傷気味の感さえある「増税前」「駆け込み需要」というワードではありますが、REVOLVEのレギュラーモデル「Traveler」もご多分に漏れず明日4月1日からの消費税率引き上げに伴い価格改正いたします。

現在199,500円(税込)のところ、199,800円(税込)となります。

つまり・・・

「現在190,000円(税抜)のところ、185,000円(税抜)となります」ということです。

便乗値上げは聞いたことがありますが、なんとまさかの便乗値下げ(意味がわからない)

なんというか、感覚的に20万円は超えたくないなぁという気持ちがあるんですよね。
個人的にここらへんの金額がオーダーを躊躇してしまう境界のような気がしてまして、ええ。

ま、来年10%に引き上がる際は遠慮なく20万の壁を越えますけどもー

というワケでひとつよろしくお願いいたします。

2013–2014クロスシーズン終了。ちーたまのこと、ネパCX2号機のこと

2014年3月21日 § Leave a comment

teaTAMA

2013–2014のクロスシーズンが終了しました。
開幕当初はC1/1名、C2/1名、C3/3名という構成だったTEAM TAMAGAWAのアクティブメンバーも、終わってみればC1/1名、C2/4名となんと全員がC2以上という超精鋭部隊へ進化を遂げました。
派手な縞々ジャージでレース会場での認知度もウナギ上り。表彰台に上がる機会も数知れず。またチームとしての初の媒体露出など一層その活躍の場を広げている様はガヤの人間としても誇らしいかぎりです。
来る(といっても随分先ですが)2014–2015シーズンはもちろん、オフシーズンの彼らの動きにも是非注目してください。

さて、そんな2013–2014クロスシーズンも終盤に差し掛かった今年1月、ネパCX2号機を納車しました。

nepalCXgen2

既に各ウェブサイトやレース会場等で目にした方もいると思いますが、1号機とは対照的なシックな佇まいに仕上がっています(塗装イメージ等はネパ氏のBlogを参照のこと)。また細かい仕様や工作、ジオメトリにも手を加えています。
ジオメトリ変更に関してはイコールスペックであるべきスペアバイクという考え方においては賢明でないのかもしれませんが、まぁそこらへんは大目に見てください。

ギリギリ間に合ったシクロクロス東京のC1レースが大雪で中止になったこともあり、結局今シーズン中の本意気の走りは見れずじまい(?)だったので、来シーズンの活躍に期待です。

Bell | SPURCYCLE

2013年10月17日 § Leave a comment

bell_1

ただのベルといえばただのベル。
だけどカッコ良くないですかコレ?

というワケでポチッとしてみました。
3カ月待ちですけど・・・

Bell | SPURCYCLE

2014.01.14追記:
今朝、さらに2カ月程納期が遅れる旨の連絡あり・・・
早く来ないかなー

2014.04.10追々記:
4月8日、無事に届きました。
期待どおり(以上?)のクオリティです。
詳細は追って。

次につけるクランクは・・・

2013年10月2日 § Leave a comment

crack

BB周辺から気になる異音・・・
よくよく見てみるとクランクのロックリングがお亡くなりになっていた。
1カ月くらい前の話です。
今回は運よくスペアがあったからよかったけど、次はアウトだな。

ということで次期クランクについて考えてみる。
今度のはとにかくオーソドックスなのがいい。ただそれだけ。
となると良さげなのは・・・

ss_crank

コレかな。
とあるメーカーのシングルスピードクランク。
94mmPCDの5アーム・・・このどこまでもフツーなルックスがたまらない。
ただし、入手は少々困難な様子。
どうすりゃいいのだ。

Richard Sachs – bicycle maker on Vimeo

2013年8月1日 § Leave a comment

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.